JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ラオス コミュニティ開発支援無償 小中学校91校が完成!「チャンパサック県及びサバナケット県学校環境改善計画」で引渡し式を実施 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業コミュニティ開発支援無償

ラオス地図へ

2012年7月18日

(写真)
本プロジェクトで建てた校舎

(写真)
新校舎の前でテープカット

 日本政府はラオスの将来を担う人材育成を支援すべく、基礎教育分野をラオス支援の重点課題のひとつとし、小学校建設や教員育成等の支援を行ってきました。この支援の一環として、2008年、ラオスでは初めてとなる、現地建設業者を活用したコミュニティ開発支援無償「南部三県学校環境改善計画」の実施を決定しました。これにより南部のセコン県、アッタプー県、サラワン県に74校290教室を建設し、9,280人の生徒たちがより良い環境で授業を受けることが可能となりました。しかし、カンボジアやベトナムと国境を接する地域では、依然貧困度が高く未就学児童が多く存在しているほか、教室数が足りず5年間の義務教育を提供できない学校や、老朽教室、仮設教室など緊急に建替えを要する学校が多数ありました。さらに前期中等教育の3年制から4年制への移行(2010年度)に伴い、中学校の早急な教室数増加が必要となっていました。このような状況を改善するため、日本政府はラオス政府の要請を受け、2010年6月15日にチャンパサック県及びサバナケット県において小中学校91校(後に4校追加)の建設を行う「チャンパサック県及びサバナケット県学校環境改善計画」の実施を決定しました。

 本プロジェクトでJICSは、調達代理機関としてラオス政府に代わり、援助資金の管理と共に、コンサルタントの雇用、建設会社の選定・契約、学校家具の調達など、小中学校建設にかかるプロジェクトの全体監理業務を行ってきました。

 このたび、91校の建設工事が完了し、2012年5月25日、サバナケット県ソンコン郡に位置するパクソン中学校において、引渡し式が行われました。

 引渡し式には、ファクハム・ヴィファヴァン教育スポーツ省担当大臣、横田順子在ラオス日本国大使、戸川正人JICAラオス事務所所長などをはじめとして、多くの関係者が出席しました。あいにくの雨模様ではありましたが、ヴィファヴァン大臣と横田大使は生徒や学校関係者からの温かい拍手で迎えられ、パクソン中学校の生徒による歓迎の歌と踊りで式が始まりました。横田大使は、スピーチの中で、日本による援助の意義について触れられ、「日本の援助で建てた学校の生徒たちが、ラオスの将来と日本との友好関係の拡大に貢献してくれることを希望します」と述べられました。それを受け、ヴィファヴァン大臣は「ラオスに援助を賜りましたこと、日本国政府及び日本国国民の皆様に感謝申し上げます」と感謝の言葉を述べられました。

 さらに、感謝の印として、ラオス側より日本側へプレゼントの贈呈がおこなわれ、式は大いに盛り上がりました。式後には、ヴィファヴァン大臣主催の昼食会が開かれ、式に参加したすべての人々が両国の絆を深めあう有意義な時間を過ごすことができました。

 本プロジェクトでは、現在入札の結果発生した残余金を使用して、新たに4校の校舎を建設中であり、最終的に95校の小中学校が建設され、14,824人の生徒たちがより良い学習環境で授業を受けることが可能となります。ラオスでこれほど多数の学校を1つのプロジェクトで建設するのは初めてのことです。しかも建設された校舎は外観が綺麗なだけでなく教室内部も清潔で、生徒たちだけでなく、父兄や学校をコミュニティ活動の場とする地域の人々にも喜ばれています。これらの学校は、子供たちの将来に、そして日本とラオスの友好をさらに深めるのに、きっと役立つことでしょう。


プロジェクト情報
供与(E/N)額 10.18億円
交換公文(E/N)署名日 2010年6月15日
調達代理契約(A/A)締結日 2010年7月15日
契約相手(調達代理契約) ラオス人民民主共和国教育スポーツ省
プロジェクト概要 ラオス南部に位置するチャンパサック県及びサバナケット県における小中学校95校(425教室)の建設と教育家具等の整備
JICSの役割 教育スポーツ省の調達代理機関としてコンサルタント、資機材供給業者等と契約を締結する。また、対象施設の建設に必要となる資機材や役務の調達、技術支援業務監理、援助資金管理を含むプロジェクト全体の監理を担当。
調達品目 小中学校校舎、学校家具
プロジェクトの主な流れ/現状 2010年8月 施工監理コンサルタント(株)毛利建築設計事務所と契約
2010年9月〜10月 施工第1グループ(67校分)の施工業者9社と契約
2011年4月〜6月 施工第1グループ(67校分)機材納入業者4社と契約
2011年8月 施工第2グループ(24校分)の施工業者2社と契約
2011年9月 施工第1グループ(67校分)完工
2011年10月 施工第2グループ(24校分)機材納入業者3社と契約
2012年3月 追加校4校の施工業者2社と契約
2012年5月 施工第2グループ(24校分)完工
2012年7月 追加校4校の機材納入業者と契約予定
2012年9月 追加校4校完工予定
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved