【JICS NGO支援事業】「モザンビークのいのちをつなぐ会」より音楽教室開催の様子が届きました

2015年6月3日

 JICSは平成27年度にJICS NGO支援事業を通じ、「モザンビークのいのちをつなぐ会」が音楽教室を開催するための事業費を支援しました。この教室は音楽の持つ役割・特性を活かした道徳心や意欲の醸成、生活改善などを目的としたもので、アフリカ南東部にあるモザンビークの港町ペンバ(カボ・デルガード州の州都)で、同会がスラム地区住民の教育の場として運営している学舎・寺子屋等で開催されました。今般、同会より子ども音楽教室、ギター教室、作曲教室(スタジオを使用)の様子がマンスリーニュースレターで届きましたので、ご紹介します。

 以下のPDFを開いてご覧ください。(画像をクリックするとPDFが開きます。)


モザンビークのいのちをつなぐ会
MONTHLY NEWS LETTER 2016年5月26日号

(PDF/619KB)

 JICSは、JICSNGO支援事業の平成28年度支援対象事業募集について、近日中ホームページへ掲載する予定です。ご関心のある方はご参照ください。

 なお、JICSは、モザンビークにおいて、日本の政府開発援助(ODA)によるガザ州、マプト州、ナンプラ州での中学校建設、ナンプラ州モナポの初等教員養成校の建設プロジェクトに調達代理機関として関わってきています。これからも同国のさらなる学習環境向上のために携わっていきたいと考えています。

JICSがモザンビークで携わったプロジェクト記事
(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.