TOPトピックス ≫ イラク復興支援

イラク復興支援

 2003年10月、日本政府はイラク復興に対する当面の支援として、総額15億ドル(約1,650億円)の無償資金協力を表明しました。これはイラク全土を対象に、電力、医療、衛生、治安等、同国民の生活基盤の再建と改善を目的としたもので、この支援では緊急無償20件と平和構築無償1件が実施されています。

JICSの役割

 JICSはこの支援に関して、クラウン・エイジェンツ(CA)との実施協力の下、イラク政府の調達代理機関として、入札による納入業者の選定、納入業者との契約締結、納入管理などを含む進捗管理、および資金管理を担当しています
 本支援は複数分野、かつ大規模な案件を同時並行に実施するもので、その実施に当たっては、高度な調整能力や様々な分野の知見が必要とされます。本支援においては、現地の治安が悪く日本人は現地に入れなかったため、各案件は遠隔操作等の形により実施されました。

JICSが関わっている案件

平和構築無償

ムサンナー県警察訓練プログラム
供与額:約3.7億円 / 政府間決定日:2005年9月20日
(写真)

緊急無償

サマーワ大型発電所建設計画
供与額:約127.0億円 / 政府間決定日:2005年7月18日
(写真)

緊急無償

ムサンナー県プライマリーヘルスセンター整備計画
供与額:約8.7億円 / 政府間決定日:2005年1月13日
(写真)

緊急無償

ゴミ・下水処理特殊車両整備計画(バグダッド市)
供与額:約26.2億円 / 政府間決定日:2004年9月29日
ゴミ・下水処理特殊車両整備計画(都市・公共事業省)
供与額:約36.2億円 / 政府間決定日:2004年8月28日
サマーワ市ゴミ処理機材供与計画
供与額:約6.6億円 / 政府間決定日:2005年1月13日
(写真)

緊急無償

消防車供与計画
供与額:約21.9億円 / 政府間決定日:2004年5月12日
(写真)

緊急無償

救急車整備計画
供与額:約58.3億円 / 政府間決定日:2005年1月1日
(写真)

緊急無償

警察用バスおよびオートバイ整備計画
供与額:約26.2億円 / 政府間決定日:2005年1月1日
防弾車両供与計画
供与額:約5.9億円 / 政府間決定日:2004年9月9日
(写真)

緊急無償

南北基幹通信網整備計画
供与額:約71.5億円 / 政府間決定日:2004年10月13日
市外電話交換網整備計画
供与額:約36.0億円 / 政府間決定日:2004年10月13日

(案件詳細作成中)

(写真)

緊急無償

南部地域主要病院整備計画
供与額:約55.6億円 / 政府間決定日:2004年6月3日
北部地域主要病院整備計画
供与額:約75.3億円 / 政府間決定日:2004年10月2日
中部地域主要病院整備計画
供与額:約50.4億円 / 政府間決定日:2004年10月23日
(写真)

緊急無償

モスル水力第一発電所復旧計画
供与額:約56.8億円 / 政府間決定日:2004年9月25日
(写真)

緊急無償

タジ・ガスタービン発電所復旧計画
供与額:約72.78億円 / 政府間決定日:2004年9月25日
モスル・ガスタービン発電所復旧計画
供与額:約45.86億円 / 政府間決定日:2004年9月25日
(写真)

緊急無償

バグダッド市浄水設備整備計画
供与額:約60.7億円 / 政府間決定日:2004年6月3日
(写真)

緊急無償

移動式変電設備整備計画
供与額:約79.4億円 / 政府間決定日:2004年6月1日
(写真)

緊急無償

警察車両供与計画
供与額:約30.1億円 / 政府間決定日:2004年1月16日
(写真)

これまでの進捗報告

国際開発ジャーナル」誌(国際開発ジャーナル社発行)掲載の関連記事

(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.