TOP事業無償資金協力関連事業 ≫ 感染症対策無償

感染症対策無償

 感染症対策無償とは、開発途上国の人々の生命を脅かす結核、マラリア、エイズ、破傷風などさまざまな感染症を予防・抑制するためのワクチン接種や治療薬の投与などを目的とした無償資金協力で、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施機関となっています。

JICSの役割

 JICSは、1997年より2009年までJICAからの委託を受け、資機材についての調査業務を実施してきました。また、相手国政府との契約に基づき、調査の後の調達監理業務も行ってきました。
 感染症対策無償で取り扱うワクチンや医薬品は、使用期限が限られているうえに温度管理も必要となるため、プロジェクトの監理にはより一層の適時性と的確性が求められます。

2005年度から2007年度までにJICSが関わったプロジェクト

(現在、このスキームに関してJICSが実施中のプロジェクトはありません。)

2007年度

国名 供与額(億円) 政府間決定日
ブルキナファソ 1.80 2008年2月22日
ザンビア 3.45 2007年11月13日
タンザニア 3.52 2007年9月18日
ケニア 3.65 2007年9月18日

2006年度

国名 供与額(億円) 政府間決定日
モザンビーク
4.49 2007年1月29日
ザンビア 3.08 2006年11月16日
タンザニア 3.41 2006年9月29日
ザンビア 2.83 2006年8月11日

2005年度

国名 供与額(億円) 政府間決定日
ASEAN 33.82 2006年3月27日
カンボジア
27.80 2005年8月29日
タンザニア
3.03 2005年8月25日
アンゴラ 26.30 2005年4月15日

国際開発ジャーナル」誌(国際開発ジャーナル社発行)掲載の関連記事

(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.